路傍の花

路傍の花

作詞:腕トラ
作曲:腕トラ
編曲:Moph
歌  :大黒美和子

目を 閉じれば
夢の中でひっそり 暮らせるけれど
でも 上手に
僕が見たい夢など 見れない

目を 開ければ
白く霞んだ窓辺 光が滲む
でも 晴れ間が
僕の瞼に 重たく痛む

冷えたノブ 袖口で
扉開け 深呼吸

ああ 僕等の日々が
睫毛の先で 小指の先で踊る
ああ 風にそよいで
音も立てずに 道端落ちる

雨上がり 昨日までに 虹が射す
背中越しに 輝りだすよ プリズム


一歩 進んで
僕等は転び そして涙を流す
一歩 佇み
路地裏で 膝を抱えしゃがむ

一歩 怖くて
僕等は立って 手すり掴んで歩く
そっと 見つめる
涙が咲かす 路傍の花よ

街並の 笑い声
襟足を 駆け抜ける

ああ 僕等の涙
睫毛の先で 小指の先で揺れる
ああ 今日に吹かれて
声も立てずに 足元過ぎる

俯いた 昨日までに 彩映える
通り過ぎ 輝りだすよ プリズム


ああ 僕等の日々が
睫毛の先で 小指の先で踊る
ああ 風にそよいで
音も立てずに 道端落ちる

ああ 僕等はみんな
時に怖くて 時に寂しくなるね
ああ 今日を生きれば
少しずつでも 過去にさよなら

雨上がり 昨日までに 虹が射す
背中越しに 輝りだすよ プリズム

だから今 一歩一歩 歩いて行こう
僕等のそう 後ろ背には 路傍の花