窓越しにね華陽

窓越しにね華陽

作詞:腕トラ
作曲:腕トラ
歌  :腕トラ


あの日々が流れる 空ごと鍵かけよう
昨日までに窓を閉めて 眺めて行こう
今を思い出にしなくちゃ 窓越しにね華陽
語れない想い 胸に抱いて

悩める夜中 眠い朝焼け
遅めの昼下がり
街に置いてきた時間の
欠片があちこち散らばる

晴れた公園 たくさんのカフェ
傷つけあった道
街に落ちた欠片達も
手を振り見送ってる

そっと出て行くんだね
こんなに頑張ったよね
共に歩いてきた街の中
あなたの影が消えてく

あの日々が流れる 空ごと鍵かけよう
昨日までに窓を閉めて 眺めて行こう
今を思い出にしなくちゃ 窓越しにね華陽
語れない想い 胸に抱いて


海に戻って 遠くみつめた
果てないあの情景
大き目な鞄の中に
そっとしまえればいいのに

借りた自転車 星空の海
ベランダでの夜風
街に戻った鞄には
現実が転がる

いつも 頼ってきたね
そして 言い聞かせてきたね
あなたが求めたこの強さで
気にもせずやって行くよ

あの日々が流れる 空ごと鍵かけよう
昨日までに窓を閉めて 眺めて行こう
今を思い出にしなくちゃ 窓越しにね華陽
語れない想い 胸に抱いて

本当は寂しくて
ひとり泣き続けた事
ずっと隠し続けていたんだ
涙で引き止めぬよに

あの日々が流れる 空ごと鍵かけよう
昨日までに窓を閉めて 眺めて行こう
今を思い出にしなくちゃ 窓越しにね華陽
語れない想い 胸に抱いて

あの日々にありがとう あの空にありがとう
昨日までに窓を閉めて 歩いて行こう
きっと 躓いた時にも 窓越しにね華陽
背中を照らす華陽

またね・・・