感傷々浜

感傷々浜

作詞:腕トラ
作曲:腕トラ
編曲:Moph
歌  :腕トラ


気付かない 見えてない
海ひとつ 持ってます
心の中の 漣響く ああ
その名も 感傷々浜

誰もがそう 過去からね
今の自分 型どってく
思う事 投げ付け
蹴飛ばした ああ
夕凪の 感傷々浜

勝手に 落ち込んで
勝手に 機嫌を直して
誰かのせいに しながら
情緒が 揺れる
人を 見つめながら
冷めて来た

てぃーち たーち
みーち ゆーち
巻き込まれてさ
蔑みながらね
オトナになった

てぃーち たーち
みーち ゆーち
聴こえるでしょう
あの日に 泣いている
少年の詩

いちち むーち
ななち やーち
裸足で 痛み
感じて歩いて 体感となる

いちち むーち
ななち やーち
波間に 揺れる
あの日に 鎮めた
感傷々浜


忘れない 揺るがない
海ひとつ 持ってます
心の中の 礎が泣く ああ
その名も 感傷々浜

誰もがそう 過去からね
今の自分 型どってく
弱虫で虚勢の 人々も ああ
そうなんだろう 感傷々浜

ブレてる人程
あざとく 鞭を振るいたがる
自分に 余裕が無くて
崩れるくせに
スタンス 語るなよ
冷めていく

てぃーち たーち
みーち ゆーち
巻き込まれてさ
蔑みながらね
オトナになった

てぃーち たーち
みーち ゆーち
聴こえるでしょう
あの日に泣いている 少年の詩

いちち むーち
ななち やーち
言葉でなくて
生き様に人は 心が動く

いちち むーち
ななち やーち
自己愛 抱いた
人を眠らせてる 感傷々浜


てぃーち たーち
みーち ゆーち
裸足で痛み
感じて歩いて 体感となる

てぃーち たーち
みーち ゆーち
波間に 揺れる
あの日に鎮めた 感傷々浜

いちち むーち
ななち やーち
言葉でなくて
生き様に人は 心が動く

いちち むーち
ななち やーち
自己愛 抱いた
人を眠らせてる 感傷々浜

心当たる 人の望みは
ちやほや されたい
それだけの事
もてなすつもりで
生まれて 無いし
愛す人を愛す 感傷々浜

あなたの 人生に
誰かが 絡む
誰かの 人生に
あなたが 絡む

逃げるな ブレるな
弱さ翳すな
くくぬち とぅー
鳴り響け 感傷々浜