アマレット

アマレット
unit「Tribal days」season04「タイトル未定」挿入歌

作詞:腕トラ
作曲:腕トラ
編曲:りきこ/腕トラ
歌:渋木美沙
発売日:2021/11/25
発売元:虎音-to Line-


琥珀の日々
連れ戻されて行く アマレット
久しぶりに感じた 杏の香り
カップ そっと覗けば
あの頃の景色が 揺れてる
大好きで大嫌い 哀しい程に

重ねた日々
巻き戻されて行く アマレット
忘れたふりも上手 慣れているから
今 どうしてるかな
そっと 想いを馳せリキュール
あの頃が溶けていく ミルクに

アマレット
ひとつふたつと乗り越えて 生きてきたよ
分かった気ではいないでいてね 決して
アマレット
ひとつふたつと慰めて 笑っていた
そんな頃も 懐かしく思う


甘さがふと
優しく沁みていく アマレット
やっぱりね好きみたい 杏の香り
また季節が行くよ たまに風の匂いで分かる
川の音が静かに 時を奏でた

苦さがふと
淋しく沁みていく アマレット
誰もねそんな事が あるはずだから
今 幸せですか
そっと 願いを馳せリキュール
あの頃が溶けていく ミルクに

アマレット
ひとつふたつと歩きつつ ここにいるよ
足跡を 知らない人ばかりの今
アマレット
ひとつふたつと辿りつつ 進むような
そんな自分に なれたと思う


アマレット
ひとつふたつと乗り越えて 生きてきたよ
分かった気ではいないでいてね 決して
アマレット
ひとつふたつと知っていって 大事にして
そんな恋なら したいと思う

アマレット
ひとつふたつと思い出し 胸が痛む
まだまだ強くなれないみたい 決して
アマレット
ひとつふたつと涙がね カップに落ちる
一口だけ 残して帰るね

立ち去るまで 甘く香ってね