新着情報

2014-02-25 04:18:00

「長崎県 島原初市

 
【島原初市について】

今年も、島原の春の風物詩「島原初市」が3月2日(日)から3月10日(月)まで開催されます。
開催期間中の週末にステージを設置し、多くの皆様に活用いただき、初市盛り上げたいと考えております。

江戸時代初期、元和4年(1618年)、島原藩主松倉重政が島原城を、7年3ヶ月費やして築城のため各地から集まった労働者たちのために近郊の商人や農民、漁民の方たちが大手門前の広場で物々交換の『市』を開いたのが始まりといわれています。 
その後、毎月3日、13日、23日に開かれるならわしとなり、旧正月が明けてから初めての市ということで『初市』と呼ばれるようになりました。 
 
初市が近づくと子供、大人も胸をはずませ、島原の人はもとより島原半島の人たちは1年に1回島原の城下(町)に初市見物ができるとあって大変楽しみにされていました。 
現在は、植木や衣料品、飲食店、鍛冶屋などの出店約300軒が軒を連ねるのどかな「市」となっています。

【出演日時】

2014/03/08(SUT)1回目11:00/2回目14:30
2014/03/09(SUN)3回目13:00

1ステージ30分
合計3ステージ出演

【会場】長崎県島原市 霊丘公園グラウンドステージ
【住所】長崎県島原市弁天町2丁目
【交通】島原鉄道「島鉄本社前」から徒歩2分
【観覧】無料

物販情報

【LIVE DVD】1/26 LIVE DVD「左手には日常 右手に痛み」
¥2,400→¥1,500

【CD】1stアルバム「one garden」
¥1,980

【CD】サウンドトラック「イエスタデイ ワンス モア」
¥1,500