月夜のホタル

月夜のホタル

作詞:腕トラ
作曲:腕トラ
歌  :腕トラ feat.mitsu


幼い日の 双眼鏡
瞬きしないで 見つめたね
緑の灯が 揺れていた
眩く光る ホタル

大人になってく 君は
刹那さで 自分も知って
輝いてるはずだった
あの日見てた ホタルのように

どうして 僕は変われないんだろう
月夜に染みる 羽のキズ
どうして 僕は変われないんだろう
薄闇に 隠れてく

どうして 僕は変われないんだろう
月夜が点す 羽のキズ
どうして 僕は変われないんだろう
季節はずれの夜の
薄闇に 身を潜め

ホタルは泣く


幼い日の 双眼鏡
部屋の奥から 探し出した
覗いた瞳の中に
幻となる ホタル

大人になってく 君は
背伸びして 見えなくなって
羽ばたいてるはずだった
あの日見てた ホタルのように

どうして 僕は変わりたいんだろう
月夜に撫でる 羽のキズ
どうして 僕は変わりたいんだろう
薄闇に ふと思う

どうして 僕は変わりたいんだろう
月夜が点す 羽のキズ
どうして 僕は変わりたいんだろう
季節はずれの夜の
薄闇に 身を潜め

ホタルは泣く


本当は 僕は知っていたんだ
キズ隠してる 強がりで
愛してもらう事ができても
僕は そこにいないと

本当は 僕は分かってたんだ
キズつきやすい 僕だけど
認めて 愛が許されるなら
いつまでも 光ってく
月よりも 光ってく

ホタルは泣く


信じて 僕は変わらずいこう
月夜に向かい 羽開く
信じて 僕は変わらずいこう
自分で 光放ち
あの月を 目指すように

ホタルは飛ぶ