傍観者たちへ

傍観者たちへ

作詞:腕トラ
作曲:腕トラ
編曲:りきこ
歌  :腕トラ


傍観者たちへ

最近 やめていた
昔の 香り纏って
出逢った 事さえも
切り取って 消し去った

サヨナラの後の スタンスに
本質が 滲み出し
姑息な情緒に 委ねた
そこの 傍観者たちよ

口先と指の プライド
人間力は 付いてこない
今を 肝心な者だけで
占めましょう

夕立ち過ぎ 雲が切れた
南風浴びる Drakkar noir
誰かを 使い回さずに
負けないリアルを 生きてごらん

望遠鏡 覗いてる
傍観者たちへ


輝き 疎まずに
自分が 輝いてよね
人下げ 人集め
惨め顔が 吹き溜まる

何かのせい また誰かのせい
気に入らなきゃ 逃げ出し
結局 居場所縫って彷徨う
そこの 傍観者たちよ

歪んだ種が 蒔かれた
泥濘む湿地 蹴散らし
胸を 清しい者だけで
占めましょう

夕立ち過ぎ 雲が切れた
南風浴びる Drakkar noir
誰かを 使い回さずに
羨むリアルを 生きてごらん

望遠鏡 覗いてる
傍観者たちへ


仕込んだ晴れ 拡がる
不安定な 空の下で
虚勢じゃ無い 大人になりなよ
不埒つかずに

夕立ち過ぎ 雲が切れた
そこに声かける 自分はいない
夕立ちに 引き裂かれた
この青空をね 愛して行く

でも 大好きだったよ
また いつの日にか